toggle
2016-06-18

梨づくり体験 その1


こんにちは。

日々新しいことの連続であっと言う間に
6月もなかばになってしまいました。

超ひさしぶりの日記で大変恐縮なのですが
いきなり告知的な感じでもよいででしょうか?

来週末、6/26(日)11:30~
銀座の交通会館 展示会場 12F・3F ダイヤモンドホールにて
東京での鳥取県の移住相談会があります!

ちょうど一年前、
私がまさかの大山町に来てしまったきっかけとなった、
運命的なイベントでございますw

私がいつもお世話になっていて、
そもそものきっかけとなった人、
大下志穂さん
が相談員としていきまーす!

鳥取県に興味がある方、移住に興味がある方、
それ以外でもなんか近くに行くから寄ってみようかな〜という方
(私はこれです)よかったら行ってみてください!

私がお手伝いさせていただいた、
大山町移住交流チームの旗が見れます!

私のリアルな大山暮らしの
一番身近な客観的レポートも聞けると思います!
べつにいらないでしょうか?

お時間ありましたらぜひ〜!
大山町は米子の松田染物店
手染めで染めていただいた、うつくしいブルーの旗が目印です。
(そのことも書けていない。。すみません。。)

まさかの鳥取に来ちゃうかもよ!

最近よかったこと

ちょっと前に感激したことは、家の近くの川でホタルがいたことです。
夜、真っ暗な道を友だちと電話しながら自転車を押して歩いていたらホタル!
川の周りにいっぱい!さけびました。
よかったー!電話してて。
といっても半径3km以内に歩いてる人はいなそうでした。。

たぶん生まれてはじめて、昆虫館以外でホタルを見ました。
そしていっぱいいるところははじめて。ほんとに感激しました。

その日から3日間、毎日ひとりホタル観察会をしてました。

そもそも日中も道を歩いている人が少ないのに、
夜の、街灯がない道ばた(基本国道沿い以外街灯があまりないですが。。)を
うろうろしていると通過していく車が怪訝な様子で減速していました。

とゆうか、森の奥とかじゃなくて、
普通に車がばーばー走ってる道沿いの川に
ホタルがいっぱいいるんですよ!

その時ちょっと元気がなかったのですが、
一気にテンションが上がりました。
こういうのも、大山にきてよかったなーと思うときです。

IMG_1354
ホタルはほんとに蛍光でした。

鳥取といえば?といって多くの人が
思いつくのが砂丘か梨ではないでしょうか?

そんなわけでということもないですが
みんなで梨農家さんに梨の木を1本お借りして、
梨作り体験をさせていただいております!

とはいっても作業があるよと声をかけていただいたときに
手ぶらで梨畑に行って、
道具なども貸していただいて、
ていねいに説明していただいて作業。。という、
小学校の芋掘りなみの至れりつくせりな農業体験。。
それでも農家さんの大変さが身にしみる
貴重な経験をさせていただいております!

そんな大山暮らし1年目、
生まれて初めてのことがいっぱいですが、
ここでまさかの梨作りレポートです。

梨の先生

5月上旬。。とだいぶためてしまいましたが、
梨畑にて、梨の適果作業をさせてもらいました!

場所はお世話になっていたやぶちゃんちや志穂さんちがある長田集落の上にある、
これまたいつもお世話になっている長田のかっちゃんのお父さん、
上田英勝さんの畑で、
かっちゃんのお父さんのご指導のもと、
体験させていただいております!

いっしょに参加させてもらったのは、
志穂さん、やぶちゃんと
やぶちゃんちにワーホリで滞在しているカナダからきたシュエさん!

IMG_1191

かっちゃんのお父さんは、
梨のほかにも、イチジクやさくらんぼ・りんご・みかんなど
いろいろな果物を作っている果物名人!

IMG_1194

摘果?

生まれてはじめて聞きましたが、そもそも適果とは?

IMG_1185

桜のように房にになって花が咲く梨の
いくつもなっている梨の実の中からよさげなのを選んで、
一房にひとつの実を残していく間引きの作業のことです。

今年は暖冬で花の開花が早く、
すでに手作業での受粉が済み、
ほどよく心地よい気候になった今頃
すでにいい感じに小さな実をつけた梨の木を
畑の中で私たちの作業用に1本だけ適果をせずに
残しておいてもらったという、
ほんとに恐縮なすごいVIP待遇で適果をさせてもらっています。。。

梨の花は一房に5こぐらいの花が付いていて、
開花した順に、1番花、2番花。。。
という順番で呼ぶそうです。

開花が早い花ほど房の真ん中から生えていて
軸が短くて太いとのこと。
その中て3番花が一番ほどよいそうで、
3番花を中心にいい実を選んでいきます。

IMG_1203

名人・かっちゃんのお父さんいわく、
梨の実は葉っぱで作られた栄養でおいしさが左右されるとのこと。
葉っぱを見たらいい梨ができそうかわかるぐらいなので、
葉っぱをなるべく落としてはいけないそうです。

なので、ふさふさとしげった梨の枝から
実を選ぶ摘果の作業は決して機械化できないのです!
おわったと思っても見る角度を変えると
けっこう見落としがあります。

IMG_1205

1本だけなら「いい汗かいた」って感じですが、
畑一面となるとほんとーに大変な作業です!
こんな大変な作業なので、後継者がいなく
廃業してしまっている農家さんも多いそうです。

かっちゃんのお父さんは手がかかる分、
やはり梨がかわいいといっていました。

こちらにきて、知っている人が作ったり採ったりしたものを
いただく機会がたくさんあり、
世の中にあるものは誰かの手で届けられるのだなー
ということがより強く感じられる生活です。

なんとなくもののように思えていた
農産物や海産物も誰かの作品なのですね〜

そんなわけで、日々貴重な体験をさせていただいております!

そして次回は、梨っぽい!袋がけです!
とはいえもうだいぶ前にやっちゃいました。。

がんばってかきまーす!

ではまたー

関連記事

コメント4件

  • テシマ より:

    いわたちゃんお久しぶり。
    梨の摘果をやってるんだね〜!さすがご当地。
    摘果した果物の漬け物、広島の母の田舎でよく食べたですよ。
    メロンとかスイカとか、小さくてもちょっと甘くておいしい・・・

    あと、ホタルの観察、ちょう楽しいよね!!!!!!

    今日、旧職場のOさんの送別会だったんですよ。(知ってた?)
    彼も町おこしのお仕事に今後は携わっていかれるそうです。
    いろんな人にあったよー。
    それじゃまたね。

    • kochilab より:

      おひさしぶりです!
      梨やりましたー!

      ほたる!最高ですね!見飽きないですよね!
      もうすぐ見納めですが、もうちょっと山の方で見たいと思います。

      Oさん、うかがってます〜!
      私としては、こっち側として勝手にうれしいです!
      私も行きたかったです〜!

      岩田まどか

  • マツオ タダハル より:

    突然の投稿で失礼いたします。
    市ヶ谷のあのビルと防衛省で働いていました、松尾といいます。
    地震の影響は大丈夫ですか?
    一ヶ月程前に、鳥取の梨で検索をしていたら、このページにたどり着きました。
    あっ、頑張っているなぁーと、思っていたら、今回の地震。
    身体のケガ、住まいの状況、大丈夫ですか?

    • kochilab より:

      おひさしぶりです!
      全然更新していないのですが、コメントありがとうございます!
      地震は私の住んでいるエリアは揺れも震度4ぐらいだったそうで、
      全然大丈夫です!
      というのも、地震の日は私自身は九州に出張に行っており、
      鳥取にいなかったのです。。
      でも周りの人は家もみんな無事でした。
      揺れが激しかったのは県東部で、
      うちは西部なのでそれほどでもなかったです。
      連絡くださってありがとうございますー(^-^)/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA